ビューティーランクイーンショップ キレイになるためのアイテムがいっぱい!

就寝中に着圧レギンスを着用してても大丈夫?

就寝中に着圧レギンスを履いていたら、寝ている間に脚が細くなるのではないか?ふとこんな考えが頭に出てきたので少し調べてみました。

就寝中の身体について

寝ているとき、レム睡眠(浅い眠り)とノンレム睡眠(深い眠り)を交互に繰り返しています。ノンレム睡眠時は熟睡している状態なので、筋肉の緊張が低下し、心拍数や呼吸が遅くなり、大脳も鎮静状態です。このとき、血圧も低下しています。血圧とは、血液が血管を押す力のことで、起きているときよりも寝ているときのほうがこの力が弱くなっています。

就寝中のレギンス着用について

血圧が低い状態で着圧が高いものを履くことで、脚に負担をかけてしまうことがあります。起きているときであれば、脚に負担がかかっていると感じた時点で脱ぐことができますが、就寝中は脱ぐことができません。また、せっかく睡眠をとって疲れを取ろうとしているのに、脚に負担がかかる状態では疲れが残ったままになってしまうこともあります。

それに加え、長時間着用することでどんどん血行が悪くなり、冷え性や倦怠感、食欲不振につながる恐れがあるため注意が必要です。

よって、寝るときは履かない、どうしても履くなら着圧の低いレギンスを選び、昼間は履かないというように、時間を決めて使うことをおすすめします。

人気のおすすめアイテム